多行と自由律と俳文の俳句個人誌

反応

個人誌のゲスト琳譜さんの散種行動により各所より創刊号の反応をいただきました。 俳句個人誌創刊号『点』(牟礼鯨)雪解は豚肉くるむ薄い紙 山茶花の白散る白にふれてちる肋骨痛むほど吹雪(矢野錆助)満開の桜を見下ろす蒸す夜の桜の朧(琳譜)骨の白さに…

福岡ポエイチでの完売

共謀罪が成立しましたね。みなさん、お元気ですか? 息していますか? 先週、福岡で開催された福岡ポエイチで日表造形社さんに委託していた本が2冊完売したようです。お買い上げいただいた方はありがとうございました。 関西まで足をのばせば大阪市西淀川区…

第6回福岡ポエイチの日表造形社で

6月10日(土)・11日(日)に中洲川端駅近くリノベーションミュージアム冷泉荘で開催される第六回福岡ポエイチに日表造形社(a-11)が参加します。そこで福岡県警の必読書『点』の販売があるようです。それと『羋』も。 ポエイチ前倒しで鯨さん所の俳句集「…

完売からのかまぶんへ

第二十四回文学フリマ東京で白昼社が販売した『点』創刊号は完売しました。買っていただいた方には感謝していますよ。 『点』完売ありがとうございました。 #bunfree — 白昼社 (@hakuchusha) 2017年5月7日 買い逃した方、買い漏らした方へ。もちろん創刊号の…

第二十四回文学フリマ東京で点を

5月7日に東京流通センターで開催される第二十四回文学フリマ東京の白昼社ブース(A-14)で「点」創刊号が販売されます。文学フリマに入場禁止されていない方はぜひ買ってください。俳句が嫌い、という方は特にお勧めです。また、共謀罪=テロ等準備罪制定以…

点創刊号

プリンテックさんから出来上がった『点』創刊号を受け取りました。 カマタまで文学だらけの『点』のページも更新しました。

点創刊号入稿

俳句個人誌『点』創刊号の表紙と本文を印刷会社へ入稿しました。四月十七日夜、春嵐のなかで。内容は以下の通り。 ◯ ゲスト四人と牟礼鯨による俳句十句連作。 「然るべき町」牟礼鯨 「桜集」矢野錆助 「線」琳譜 「Jポップ十句」泉由良 霜月ミツカ ◯ 牟礼鯨…

点という名前の由来

俳句個人誌の『点』という名前の由来について。デジタル表示された「点」のゲシュタルト崩壊しそうな字形が好き、系や部や派や区のように名詞が付かないと実態を伴わない漢字にしたかった、というのが主な理由ですが次のような意味をなんとなく込めました。 …

創刊号予定

2017年5月に俳句個人誌『点』創刊号の刊行を予定しています。この俳句個人誌は私(牟礼鯨)が、書き散らかした俳句を整理する機会を設けるためという個人的な動機に基づいて不定期に刊行されます。 創刊号内容予定 ゲスト数名による10句連作 ゲストによる文章…